辛い口内炎の痛みに早く効く市販薬を探すブログ

口内炎ができると、食事をするのも辛いですし、できた場所によっては話をするのが辛くて仕事などにも差し支えます。症状が酷い場合は、そのままの状態でもヒリヒリと痛んで辛い。 そんな時に、少しでも早く口内炎の痛みに効果がでる市販薬を探しています。

貼る口内炎・舌炎治療薬 「口内炎パッチ大正A」

口内炎パッチ大正Aは、貼るタイプの口内炎・舌炎治療薬です。

 

口内炎が大きくなって痛みを生じるようになると、患部が歯や食べ物などに触れるだけでも痛いものです。
口内炎パッチ大正Aは、絆創膏のように患部に貼り付けることで、患部を保護し、外部からの刺激に対して痛みを緩和させてくれます。

貼り付け面には、炎症をおさえる成分が塗られていて、炎症により発生する痛みを抑えます。
また、皮膚の新陳代謝を促す成分も含まれているため、傷口の治りを早めるようです。

 

口内炎パッチ大正Aの成分はステロイドでありません。
2017年時点で3種類ある口内炎パッチの中で、唯一ステロイドではない成分を使用しています。

 

口内炎パッチ大正Aは厚さ0.1mmで薄いフィルムでできています。このフィルムは、貼っていても溶けてしまわないのですが、飲み込んでしまっても消化されずに排出される成分でできているので安心ですが、飲むように作られているわけではないので飲みこまないようにしましょう。

 

フィルムを飲んでしまうタイミングは、食事中と睡眠中が多いです。
飲み込んでしまうのが嫌な方は、食事が終わった後に貼るほうが良いでしょう。
ただ、歯や食べ物が当たる食事中にこそ口内炎を保護しておきたいものですので、食事前に貼るのも一つの方法です。
貼った直後は、貼りついている力が強いので、はがれにくいです。

 

口内炎パッチ大正Aは、他の口内炎パッチと比べて次のような違いがあります。

  • 溶けないため、外部からの刺激に対する保護時間が長い
  • 剥がれかけで、少しだけ患部に張り付いているときは、患部に張り付いた部分を軸にして口内炎パッチが動くため、患部が刺激されて痛い。

 

口内炎パッチ大正A以外にも貼るタイプの口内炎の薬がありますので、自分自身の好みに合ったものを探すと良いでしょう