辛い口内炎の痛みに早く効く市販薬を探すブログ

口内炎ができると、食事をするのも辛いですし、できた場所によっては話をするのが辛くて仕事などにも差し支えます。症状が酷い場合は、そのままの状態でもヒリヒリと痛んで辛い。 そんな時に、少しでも早く口内炎の痛みに効果がでる市販薬を探しています。

口内炎軟膏大正Aの使用感

口内炎軟膏大正Aは口内炎用の軟膏タイプの塗り薬です。

第3類医薬品ですので、口内炎用の薬としては副作用リスクが少ないものになります。

口内炎軟膏大正Aの成分

主な成分は

  • セチルピリジニウム塩化物水和物 0.1g(100g中)
  • アラントイン 0.5g(100g中)

セチルピリジニウム塩化物水和物には、殺菌作用があり、患部の汚染を防ぎます。

アラントインは、抗炎症作用をもち、傷などの組織の修復を促進します。

ステロイドは不使用

ステロイドは不使用です。似たような名前の商品に、口内炎軟膏大正クイックケアがありますが、そちらはステロイドが使用されています。

大正製薬の口内炎用の薬の場合、商品名に「クイック」が入っているのがステロイドを使用した商品になっているようです。

口内炎軟膏大正Aの使用方法

使用方法

  1. 患部の唾液などの水分をティッシュ等で軽くふき取る。
  2. 乾いた指先に薬をとり、患部に軽く押し当て、擦り付けるように1回で塗る。
  3. 口を閉じる前に患部に塗った薬の表面を舌先等で軽く湿らせる。

最後に薬の表面を舌先等で軽く湿らせるのが特徴的です。

これは、口内炎軟膏大正Aには「薬の表面を水分でを湿らせることで、軟膏が歯など周囲につきにくくなり、患部を長時間カバーする」という技術が使われているためです。

使用するタイミング

使用の目安は、1日2~4回ですので、食後や就寝前を目安に塗ると比較的長時間貼り付いているのでおすすめです。

唇の裏などの食事があたらない場所にできた口内炎の場合は、食事をする前に塗っても食事が終わるくらいまでは持ちます。

その他のステロイドを使用しない薬

代表的な薬

ステロイドを使用しない薬には、他にも次のようなものがあります。

  • サトウ口内軟膏
  • クーペ口内炎軟膏
  • トラフル軟膏
  • 新デスパコーワ

他にもたくさんの種類があるので、自分に合ったものを一つ常備しておくと良いですね。