辛い口内炎の痛みに早く効く市販薬を探すブログ

口内炎ができると、食事をするのも辛いですし、できた場所によっては話をするのが辛くて仕事などにも差し支えます。症状が酷い場合は、そのままの状態でもヒリヒリと痛んで辛い。 そんな時に、少しでも早く口内炎の痛みに効果がでる市販薬を探しています。

口内炎用の軟膏で、ステロイド入りのものはどれがおすすめか

軟膏の種類

口内炎用の軟膏には沢山の種類がありますが、使用されている成分で大きく2つに分けられます。

  • ステロイドを使用
  • ステロイド不使用

選び方

「何となくステロイドは嫌だな」という方もいらっしゃいますし、「ステロイドの方が効果がありそうだからステロイドにしよう」という方もいらっしゃると思います。

そのため、まず、ステロイドを使用したものかステロイドを不使用のものかを選ぶことから始まる方が多いと思います。

f:id:goodkounaien:20170627074156p:plain

ステロイド入りのものはどれがおすすめか

今回は、数ある口内炎用軟膏の中で、ステロイドを主成分としたものを選ぶ場合どれがおススメか?という事ですが、

 

結論から書くと、「一番安い物で良い」になります。

ステロイド入りの軟膏

種類

ステロイドを使用した軟膏を使おうと決めても、ステロイドが使用されている軟膏には、有名なものだけでも次の4種類の薬があり、どれが良いのか悩む方も多いのではないでしょうか?

  • ケナログA
  • トラフル軟膏PROクイック
  • 口内炎軟膏大正クイックケア
  • オルテクサー 口腔用軟膏

この4種類は、有効成分の含有量はどれも同じです。

違いは、味に配慮があるか無いか、貼りつき具合がどうかというところになります。

効果

経験上、この4種類はどれを塗っても治る早さは変わりません。

一番効果があるのは、口内炎が小さい初期の段階で塗ることでした。口内炎が小さいうちの初期の段階で塗れば早く治ります。大きくなってから塗っても、「薬の効果あるの?」というような感じで、治るまでに時間がかかります。

 

どれでも効果が同じなら、安いものを買えば良いという結論になります。

価格

AMAZONで調べてみると、一番高いステロイド入りの口内炎用軟膏は一番安いステロイド入りの口内炎用軟膏と比べて、価格が1.5倍するものがあります。

では、1.5倍早く治るかというとそんな事はありません。

口内炎ができる前に購入する場合には、AMAZONでは、「口内炎軟膏大正クイックケア」が一番安くおススメですが、すでに口内炎ができている場合には、直ぐに薬を使用した方が治りが早いので、近所のドラッグストアで調べてみるのが良いです。

結論

近所のドラッグストアで売っている軟膏の中で一番安い物を購入すれば特に問題ないです。

早いうちに塗った方が口内炎の治りが早いので、どれにするのか悩んでいるくらいなら、どれでも良いからさっさと買ってきて、塗ってしまうのが良いです。