辛い口内炎の痛みに早く効く市販薬を探すブログ

口内炎ができると、食事をするのも辛いですし、できた場所によっては話をするのが辛くて仕事などにも差し支えます。症状が酷い場合は、そのままの状態でもヒリヒリと痛んで辛い。 そんな時に、少しでも早く口内炎の痛みに効果がでる市販薬を探しています。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)が口内炎にも効果がある

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)という漢方薬があります。

この漢方薬が口内炎にも効くようです。

半夏瀉心湯の効果

半夏瀉心湯は、主に胃腸の動きを良くする働きがあります。

胃腸の動きを改善することで、胃腸が原因で生じる症状を緩和します。

緩和させる症状は、胃炎や下痢、嘔吐といった胃腸に直接関係する症状だけでなく、二日酔い、口内炎や神経症にまで効果があります。

半夏瀉心湯が有効な人

半夏瀉心湯は、次のような方を対象とした薬です。

  • みぞおちにつかえがある
  • ときに吐き気がある
  • 食欲不振で腹が鳴る
  • 軟便や下痢傾向がある

体力中等度で、みぞおちがつかえた感じがあり、ときに悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のあるものの次の諸症:

急・慢性胃腸炎、下痢・軟便、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症

半夏瀉心湯に使われている生薬

半夏瀉心湯には次の生薬が使われています。

  • 半夏(はんげ)
  • 黄芩(おうごん)
  • 黄連(おうれん)
  • 人参(にんじん)
  • 乾姜(かんきょう)
  • 大棗(たいそう)
  • 甘草(かんぞう)

他の薬との飲み合わせに注意

半夏瀉心湯を構成する生薬には甘草が入っています。

甘草は、過剰に摂取すると、血圧が高くなったりむくみが生じたりしますので注意が必要です。

半夏瀉心湯単体で飲む分には、容量を守っていれば過剰摂取にはならないのですが、甘草は色々な薬に入っているので、半夏瀉心湯以外に薬を飲んでいる場合には、過剰摂取になる可能性があります。

複数の薬を飲む場合には、薬剤師さんなどに確認してから飲むようにしましょう。

半夏瀉心湯は比較的副作用が少ない漢方薬ですが、異常があったら直ぐに使用を中止しましょう。

半夏瀉心湯の飲む以外の使い方

半夏瀉心湯は漢方薬で、飲むのが通常の使い方です。

しかし、飲む以外の方法で使用する例があります。

半夏瀉心湯は、抗がん剤の副作用による口内炎の痛みの緩和にも使われているのですが、この時の半夏瀉心湯の使い方として、飲むのではなく、直接患部に塗ったり、半夏瀉心湯を溶かしたお湯で口をすすぐなどという使われ方もされています。

  • 半夏瀉心湯を口内炎に塗る
  • 半夏瀉心湯を溶かした湯で口をすすぐ

どちらも、医療機関で行われている方法で、抗がん剤によってできる口内炎に効果があるようです。

口内炎の予防に

口内炎の予防を目的として使用する場合に、半夏瀉心湯を溶かした湯で口をすすぎます。

  1. 半夏瀉心湯を50ml程度の湯に溶かす。(A)
  2. Aの湯を少量口に含み、5秒程度口をすすぐ。(Aの湯を数回に分けて使用する)
  3. 口の中の湯は吐き出す。
  4. Aの湯が無くなるまで、数回繰り返す。

口内炎の痛みの軽減に

できた口内炎の痛みの軽減には、半夏瀉心湯を直接患部に塗ります。